×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安眠グッズが流行してきた背景


現代社会はストレスにさらされています。朝起きて会社に行くときの電車のラッシュ、会社に行けば残業は当たり前、仕事は一生懸命にやってはいるが、給料は増えない。自宅に帰るのは夜遅くになり、一家団欒の夕食などは皆無です。ストレスを抱えていない人はゼロなのかもしれません。

安眠グッズは、そんなストレスに毎日さらされている現代人にとって唯一リラックスできる時間である睡眠を、より快適にするために必要なものとなりました。自分にフィットした枕を探して、その枕を数万円で購入したり、ベッドマットをより快適に眠れるように何度も買い換えたりする人も増えてきました。

安眠グッズが流行するということは、いかに睡眠を大事にしている人が多いかを示しています。しかし本当に睡眠を大事にするならば、周りだけを固めてもダメなような気がします。睡眠の質というか、睡眠を生活の中でどれだけの位置で捉えているかってすごく重要だと思います。

安眠グッズを買い漁って、枕やベッドマットやアイピローなどを購入したとしても、それがついテレビを見すぎて睡眠時間4時間だったり、週末に一気に15時間寝て、普通の日は3時間睡眠だったり、こういう睡眠サイクルを繰り返していたら、安眠グッズも意味をなさなくなります。
安眠グッズが流行してきた背景には、熟睡できる人が減ってきたことがあるのかもしれません。